login button

To top

デザインの一歩先へ。新進気鋭のグラフィックデザイナーによるこれからの働き方

“デザインで世界に役立つ”使命を作品に込める

こんにちは。みやこむ広報のむらたますみです。いよいよ今日から3日間、みやこむ未来会議@西宮阪急が開催されます。お近くの方はぜひお運びください!出展者ご紹介の大トリは、LEADERの清水彬仁さんです。

様々な経験を仕事に活かす。グラフィックデザイナーの仕事の仕方

5月20日、WORK WORK TALK!のパネリスト、LEADERのアートディレクターでありグラフィックデザイナーの清水彬仁さん。 デザインの道に入るまでに培った様々な経験を元に「働く」ことを独自の視点で語ってくださいます。

デザインが表現するものは見た目だけでなく個性である

トップ画像にも使われている、みやこむ未来会議@西宮阪急のポスター。これを手がけたのが清水さんです。みやこむの持つ「地域密着・起業家の連携」という特徴を念頭に置いてデザインされたこのポスター。西宮という地域が持っている海などの自然やアイコン的に隠された出展者たちの特徴など、清水さんならではの発想が存分に活かされています。しかも起業家たちを「つなぐ」イベントであることから、何枚繋げても模様が途切れず、どこまでも繋がる!という楽しいポスターになりました。

デザインをする時は見た目の要望を叶えるだけでなく、クライアントの「個性・地域性・対話」を重視して、デザインの力でより良い方向へリードしていくことを意識されているそうです。ただ格好の良いものを作るのではなく、デザインが企業(クライアント)のあり方をもリードする。そんな力が、清水さんの作るデザインにはあるのです。

清水さん

「西宮を愛する人はもちろん、西宮に限らずたくさんの方にとってこのイベントがターミナルとなり、それぞれの想いがつながっていけば嬉しい限りです。パネルディスカッションでの登壇も、少しでも盛り上げたらと思っています」

そう遠い未来ではなく、ちょっと先のことを。ワクワクで新しい働き方を語ろう

普段ではセッションし得ないヒト、モノ、コトが地域という共通の視点で交差する新しい発想の見本市。その楽しさを、肌で感じて、一緒にワクワクしてみませんか。

5月20日14時からは【WORK WORK TALK!】のパネラーとして登壇します。滅多に聞けない起業家たちのお話が聞けます!ぜひ足をお運びください!

清水彬仁さんをもっと知りたい方はこちら!

HPhttp://leader-design.jp/index.html